STORY

new hair style !

少し前にショートヘアにしました。ショートもおでこに前髪がかかるのも約20年ぶりです。

 

自分でもとっても気に入っていますし、意外と周りにも好評です。

 

わたしは頻繁に髪型を変える方ではありませんが、この秋はショートヘアにしたい衝動に駆られました。しかも前髪を作りたい!

 

でも懸念事項がありました。

 

20代でショートヘアにしていた時、前髪の生えぐせが強くて前髪がきれいに降りずに毎朝のブローがとても大変でした。髪質も剛毛で直毛だったため、女性らしいというよりは男性っぽい印象でした。

 

自分の中ではその頃のイメージが強くて「わたしにはショートヘアは大変だし、向いてない」とずっと思っていたのです。

 

それが今回は挑戦してみたい気持ちが強くなり、信頼している美容師さんに相談してみました。

 

すると「きっと似合いますよ!やってみましょう」と言ってくださり、カットしてもらいました。

 

悩みだった前髪はきれいに降りるし、女性らしいショートヘアに!若い頃剛毛だった髪も今は柔らかくなってるから逆にスタイリングしやすくなっていたんです。

 

髪を切ったことで、今まで持っていた服を着ても印象が変わりとても新鮮な気分で楽しめています。新しい自分の顔になると、ファッションもメイクも違ったものを試したくなったりワクワクしますよね。

 

思い切って挑戦してみてよかった!

 

担当の美容師さんはこう言います。

 

「髪質もどんどん変化していくんですよね。だから、昔は似合わなかったりできなかった髪型も、今だからこそ似合うし今だからこそできるということもあるんですよ。昔の記憶に引っ張られすぎずにどんどん今やってみたい髪型には挑戦して新しいご自分を楽しんでほしいです」

 

このお話は洋服に置き換えても言えることでした。

 

〇色が似合わないと言われたことがある。

〇〇のデザインは似合わなかった。

そういう自分の中の遠い記憶で、選択肢からそもそも外してしまっていることってありませんか?

 

子供の頃苦手だった食べ物が大人になるにつれ美味しく感じることがあるように、ファッションにおいても好みも似合うものも変わっていくことも当たり前なんですよね。

 

昔苦手だったことでも、トライしてみると意外と今の自分にだったらフィットするかもしれません。

 

ちょっとやってみたい

ちょっと気になる

そんな小さなことでも挑戦してみると新しい扉が開くかもしれませんね。